危険な不整脈の見分け方 : 心電図上注目すべきポイント Electrocardiographic Diagnosis and Management of High-risk Arrhythmias

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

  不整脈は,麻酔・周術期など循環動態の把握・保持が特に重視される環境下では無視し得ない病態の一つである.心電図所見から危険な不整脈あるいはその発生を示唆する所見を的確に読み取ることが重要であることは論をまたない.本稿では,この観点から注目すべき心電図上のポイントとして,QRS幅,J点の上昇,QT間隔を取り上げ解説する.

  Arrhythmias are one of the cardiologic disorders that can cause a heart rhythm failure followed by a circulatory disturbance. During specific situations such as surgery or anesthesia, it is quite important to monitor the electrocardiogram and precisely judge the risk of any arrhythmias occurring. Here the author describes several key points for diagnosing the electrocardiographic findings which are associated with high-risk arrhythmias.

収録刊行物

  • 日本臨床麻酔学会誌 = The Journal of Japan Society for Clinical Anesthesia

    日本臨床麻酔学会誌 = The Journal of Japan Society for Clinical Anesthesia 32(3), 419-427, 2012-05-15

    日本臨床麻酔学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030763356
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00330159
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    02854945
  • データ提供元
    CJP書誌  IR  J-STAGE 
ページトップへ