急性膵炎重症化における肥満の影響 Impact of obesity on severe acute pancreatitis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

急性膵炎の重症化と合併症発生に対する肥満の影響について概説した.肥満の影響を考えるに当たり,多くはBMI(Body mass index)を用いているが,近年はCTを用いて内臓脂肪や皮下脂肪をパラメーターとしている報告も散見される.各報告をみると重症化や合併症発生に肥満は何らかの影響があると予想される.BMIでは,欧米では多くの肥満例が重症化と全身合併症に相関し,全身合併症の多くは呼吸不全である.本邦ではBMIは有意な重症化の危険因子とはならず人種差の可能性はある.しかし,日本人でも内臓脂肪の増加は急性膵炎重症化や合併症の発生に影響する可能性があり,肥満のタイプが重要であると思われる.今後は内臓脂肪面積などを画像診断による肥満のタイプをパラメーターとして詳細な検討を行う必要があると思われた.その際は,可能な限り発症早期の画像を用いるべきであり,理想は膵炎発症直前の測定が望まれる.<br>

Impact of obesity on severe acute pancreatitis was reviewed. BMI (Body mass index) was used for analysis in most reports. Recently, some authors studied the relationship of visceral and subcutaneous fat area based on computed tomography, and the course of acute pancreatitis. Most reports showed that obesity may have effects on the severity of acute pancreatitis and development of complications. In most western reports, a high value of BMI was a significant predictive factor for severe pancreatitis and the development of systemic complication such as respiratory failure, but, this was not true of Japan. However, a high value of visceral fat area may have effects on the severity of acute pancreatitis and development of complications. For the future, more detailed analyses, using images of early onset, are needed to determine whether abdominal obesity or subcutaneous obesity have an effect on severity of acute pancreatitis.<br>

収録刊行物

  • 膵臓 = The Journal of Japan Pancreas Society

    膵臓 = The Journal of Japan Pancreas Society 27(2), 102-105, 2012-04-25

    日本膵臓学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030763905
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10043798
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09130071
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ