分枝型IPMNの自然史 : 日本における多施設共同研究 Natural history of branched-type IPMN: multicenter study in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

目的:結節を認めない分枝型IPMN症例の長期経過について検討する.方法:初回診断時にEUSで結節を認めない分枝型IPMN 349例を解析した.結果:観察期間は1~16.3年(中央値3.7年)であり,62例(17.8%)に病変の進展がみられた.うち22例に外科切除術を行い,病理学的には腺癌9例,腺腫13例であった.残りの287例(82.2%)には進展を認めず,症状等の理由で7例に切除術を行ったが,全例腺腫であった.また,分枝型IPMNと別病変として通常型膵癌の発生を7例(2.0%),新たな分枝型IPMNの出現が13例(3.7%)にみられた.全体では320例(91.7%)は経過観察継続中である.結論:EUSで結節を認めない分枝型IPMNの多くは経過観察可能である.しかしながら,経過観察に際し,病変の進展と通常型膵癌の発生に留意する必要がある.<br>

収録刊行物

  • 膵臓 = The Journal of Japan Pancreas Society

    膵臓 = The Journal of Japan Pancreas Society 27(2), 167-174, 2012-04-25

    Japan Pancreas Society

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030764098
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10043798
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09130071
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ