生理的に機能するレトロウイルス複製制限因子APOBEC3の分子進化 Molecular evolution of physiologically functioning anti-retroviral APOBEC3 deaminases

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 APOBEC3は一本鎖DNAを標的とするシチジンデアミナーゼであり,レトロウイルス複製制限因子として機能する.現存の感染性レトロウイルスは自然宿主のAPOBEC3に対抗する機能を獲得しており,一方で宿主側も遺伝子重複によりAPOBEC3機能を進化させてきたと信じられていた.ところが最近,ヒトでもマウスでもAPOBEC3分子がタンパク質レベルで低発現となるような遺伝子多型が種の分岐後に獲得され,これが地理的に広範囲に分布している事実が明らかとなった.外来性の感染性レトロウイルスに対してAPOBEC3が示す生理的な防御効果と,感染性レトロウイルスの脅威が少ない場合に同じシチジンデアミナーゼが示す可能性のあるゲノムDNAの傷害作用との間に,微妙なバランスが存在するらしい.本稿ではAPOBEC3の生理機能と分子進化について最近の知見を解説した.

Recent in vivo findings clearly indicate that mammalian cytidine deaminase APOBEC3 can function as a physiological restriction factor to retrotransposons and infectious retroviruses. However, some retroviruses, including primate lentiviruses, have evolved to counter their natural host's APOBEC3. To survive this arms race, primates seem to have acquired multiple copies of APOBEC3 genes. Surprisingly, however, during the process of the diversification of rodent species, as well as the human race, some ancestral individuals acquired genetic variants that reduced the protein levels of APOBEC3 expression, and these variants currently show unexpectedly wide geographic distributions. These data suggest that in the absence of a heavy burden of infectious retroviruses, high-level expression of APOBEC3 cytidine deaminase might be costly to the integrity of the host genome.

収録刊行物

  • ウイルス

    ウイルス 62(1), 27-38, 2012-06-01

    日本ウイルス学会

参考文献:  61件中 1-61件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030767931
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00018808
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00426857
  • NDL 記事登録ID
    023890907
  • NDL 請求記号
    Z19-501
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ