HBVワクチンの現状と今後の問題点 Present state and the future direction of HBV vaccine

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 溝上 雅史 MIZOKAMI Masashi
    • 国立国際医療研究センター肝炎・免疫研究センター The Research Center for Hepatitis and Immunology, National Center for Global Health and Medicine
    • 杉山 真也 SUGIYAMA Masaya
    • 国立国際医療研究センター肝炎・免疫研究センター The Research Center for Hepatitis and Immunology, National Center for Global Health and Medicine

抄録

 B型肝炎ウイルス(HBV)ワクチンの開発の成功により,本邦では1986年から nation-wide に母 子感染防止事業が始まり,本邦における HBV の主な感染経路であった母児感染予防対策が開始され た.その結果,本邦では25歳以下は世界で最も HBV 持続感染者(HBキャリア)が少ない国の一つ となり,HBV により引き起こされる B 型肝炎は本邦では過去の疾患になったと考えられた.しかし,一方では本邦には今まで存在しなかった新たな HBV genotype A が海外から流入し,従来 よりも感染リスクが増加している.この新たな感染は主に性行為感染症により拡大しており,現在ではこの水平感染が HBV の主な感染経路となっている.また,HBV ワクチン接種者についても,Vaccine induced eacape mutant の有無に関わらず,感染が成立したという事例も報告が続いており,HBs 抗体価をはじめとする HBV ワクチンの効果についても再度見直す必要がある.さらに, 現在頻用されている分子標的治療薬投与により,これまで治癒したと考えられていた HBs 抗原陰性 且つ HBs 抗体陽性者からの再活性化や劇症化が起こることも明らかとなってきた.<BR> 以上の事実は,一度でも HBV に感染した場合に一生再活性化のリスクを抱える点や現行の HBV ワクチンの問題点を踏まえて,HBV 感染症と HBV ワクチンのあり方について新たな局面をむかえて いることを示している.

Hepatitis B virus (HBV) prevention program in Japan is considered one of the most successful and effective public anti-counter programs to HBV infection. However, almost all of population under twenty-five years is extremely susceptibility for HBV infection. HBV genotype A, which was not in Japan and has been from western countries, is increasing in chronic hepatitis B patients in Japan as a consequence of acute hepatitis B spreading in the younger generation through promiscuous sexual transmitted infection and the characteristics of HBV genotype A is a prolonged high HBVDNA viremia compared with other HBV genotypes. These data have strongly indicated that the main transmission route of HBV in Japan has been changed to a horizontal infection with sexual transmitted disease from perinatal transmission from HBsAg positive mothers. Although the HBV vaccine has tipped the balance in our favor, newly issues of HBV vaccine has been arisen such as vaccine escape mutant, efficacy and potency for the prevention of HBV infection, especially different HBV genotypes, HBV reactivation on the patients with HBsAg negative and anti-HBs antibody positive under systemic chemotherapy, and universal vaccination or selective vaccination and so on.<BR>We discussed on these problems and would be also developed to HBV vaccine.

収録刊行物

  • ウイルス

    ウイルス 62(1), 67-77, 2012-06-01

    日本ウイルス学会

参考文献:  84件中 1-84件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030768091
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00018808
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00426857
  • NDL 記事登録ID
    023891005
  • NDL 請求記号
    Z19-501
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ