HPVワクチン Human papillomavirus prophylactic vaccine

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 川名 敬 KAWANA Kei
    • 東京大学医学部産科婦人科学 Department of Obstetrics and Gynecology, Faculty of Medicine, The University of Tokyo

抄録

 ヒトパピローマウイルス(HPV)は子宮頸癌や尖圭コンジローマの原因となりうるウイルスである.この10年の間にHPV感染を予防できるHPVワクチンが開発され,大規模臨床試験によって多くのHPV関連疾患に対する予防効果が全世界的に証明された.HPV関連疾患で最も重要なものは子宮頸癌である.子宮頸癌の罹患率のピークは20年間で20才近く若年化し現在は2545才がピークである.がんを予防できるワクチンという観点から極めて重要な意義を持つ.ただし子宮頸癌予防に関してはその限界も理解しておく必要がある.一方,尖圭コンジローマの予防については,海外では既にpopulation impactが現れてきている.尖圭コンジローマが近い将来社会から撲滅されることも夢ではない.本稿ではHPVワクチンをレビューしたい.

Human papillomavirus causes viral-dependent cancers, including cervical, anal, vulvar, penile, vaginal, and oropharyngeal, and condyloma acuminata. In the last decade, HPV prophylactic vaccine has been developed and spread worldwide after many large-scale clinical studies. These studies demonstrate significant clinical efficacy for prevention of HPV16/18/6/11-related diseases. In particular, prevention of cervical cancer should be the most important role in the world. In Japan, incidence of cervical cancer does not increase, but the peak of age of the patients at 2005 is 25-45 years old and became 20 years younger than that at 1985. The current two HPV vaccines can prevent the infection of HPV16/18 among high-risk HPVs and will provide a significant impact especially on young-age onset cervical cancer. Furthermore, quadrivalent HPV vaccine, Gardasil, has shown population impact that is decrease of patients with condyloma acuminate in several countries. The clinical efficacy seems to be convincing. Here HPV vaccine will be reviewed based on the literatures.

収録刊行物

  • ウイルス

    ウイルス 62(1), 79-86, 2012-06-01

    日本ウイルス学会

参考文献:  26件中 1-26件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030768176
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00018808
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00426857
  • NDL 記事登録ID
    023891024
  • NDL 請求記号
    Z19-501
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ