HTLV-1 bZIP factor 遺伝子によるHTLV-1病原性発現機構の解析 HTLV-1 pathogenesis mediated by HTLV-1 bZIP factor

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐藤 賢文 SATOU Yorifumi
    • 京都大学ウイルス研究所附属ヒトレトロウイルス研究施設ウイルス制御研究領域 Laboratory of Virus Control, Institute for Virus Research, Kyoto University

抄録

 HTLV-1はATLやHAM/TSPなどの病気を引き起こすレトロウイルスである.ウイルスの発見から30年以上が経過した現在でも,その病原性発現機構について不明な点が多く残されている.今から約10年前にHTLV-1 bZIP factor (HBZ)がHTLV-1の裏側にコードされている事が明らかとなった.私たちの研究グループは,HTLV-1感染細胞が腫瘍化したATL細胞において,Taxの発現がしばしば欠失しているのに対して,HBZの発現はほとんど全てのATL細胞で維持されている事を明らかにした.さらにHBZが感染細胞の増殖に関わる事,HBZトランスジェニックマウスの解析からHBZがT細胞腫瘍化能を持つ事が示され,次第にHBZによるウイルス病原性発現メカニズムが明らかにされつつある.HBZの登場によりもたらされたHTLV-1研究のパラダイムシフトが,HTLV-1関連疾患の発症予防や新規治療法開発へとつながる事が期待される.

HTLV-1 is a retrovirus associated with human diseases, such as ATL or HAM/TSP. More than thirty years have passed since HTLV-1 was discovered, but the precise mechanism of HTLV-1 pathogenesis still remains elusive. HTLV-1 bZIP factor (HBZ) was reported ten years ago as a viral gene encoded in the minus strand of HTLV-1. We have elucidated that HBZ is constitutively detectable in all ATL cells examined whereas tax expression is frequently lost. Furthermore, we and other researchers have reported that HBZ expression contributes to the proliferation of infected cells. We have shown that HBZ has the potential to transform T cells in vivo by analyzing HBZ-transgenic mice. Further investigations will uncover a more detailed role of HBZ in HTLV-1 pathogenesis. This paradigm shift of HTLV-1 research should provide novel target in prevention or treatment of HTLV-1-related human diseases.

収録刊行物

  • ウイルス

    ウイルス 62(1), 113-120, 2012-06-01

    日本ウイルス学会

参考文献:  31件中 1-31件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030768307
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00018808
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00426857
  • NDL 記事登録ID
    023891147
  • NDL 請求記号
    Z19-501
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ