エンテロウイルス71の感染機構に関する研究 The infection mechanism of enterovirus 71

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 ウイルス感染機構の解明において,特異的ウイルス受容体の同定は重要である.私は,手足口病の主要な原因ウイルスであるエンテロウイルス71(EV71)の受容体として,P-selectin glycoprotein ligand-1(PSGL-1)を同定した.PSGL-1はシアロムチンファミリーの膜蛋白質で,主に白血球に発現する.EV71との結合には,PSGL-1のN末端領域のチロシン硫酸化が必須であった.EV71受容体の同定は,ウイルス侵入の初期過程のみならず,ウイルス感染による病原性発現機構の解明や予防治療法の開発研究に役立つものと期待される.

Identification of a specific viral receptor is important for understanding the virus infection mechanism. I identified P-selectin glycoprotein ligand-1 (PSGL-1) as one of the functional receptors for enterovirus 71 (EV71), a pathogen that causes hand, foot, and mouth disease. PSGL-1, which belongs to the sialomucin family, is a transmembrane protein mainly expressed on leukocytes. Tyrosine sulfation in the N-terminal region of PSGL-1 is critical for PSGL-1's capacity to bind EV71. The identification of EV71 receptors provides important mechanistic information about viral entry into cells and helps us understand viral pathogenesis and develop new anti-viral strategies.

収録刊行物

  • ウイルス

    ウイルス 62(1), 121-128, 2012-06-01

    日本ウイルス学会

参考文献:  40件中 1-40件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030768339
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00018808
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00426857
  • NDL 記事登録ID
    023891185
  • NDL 請求記号
    Z19-501
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ