Presurgical Nasoalveolar Molding (NAM) 治療に対する保護者アンケート調査 : 満足度と現状  [in Japanese] The Influence of Presurgical Nasoalveolar Molding (PNAM) Treatment : A Questionnaire Survey on the Current Status of NAM  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

Presurgical Nasoalveolar Molding治療(以下NAMと略す)は口唇口蓋裂乳児に初回口唇閉鎖手術前に行う術前顎矯正治療である。本研究はNAM治療をとりまく環境及び口唇口蓋裂患児保護者のNAM治療に対する評価と負担状況について調査した。 2004年4月から2008年1月までに昭和大学口蓋裂診療班にてNAM治療後に初回口唇鼻形成術を終了した患児の保護者145名に,NAM治療前後,初回口唇鼻形成手術後の状況についてのアンケート調査を行い回答率86.2%にて以下の結果を得た。<br>1.口唇口蓋裂の診断時期は60%が出生後と回答した。出生前診断を受けた家族においてその診断時期は妊娠後期の28週以降が最も多かった。<br>2.患児家族の居住地は首都圏含む関東区域が92.0%を占め,来院の経緯は昭和大学形成外科からが最も多かった。通院手段は車が最も多く52.8%であり,通院時間は片道平均98分(18分/徒歩~330分/飛行機使用)であった。<br>3.NAM治療中にトラブルがあったと回答した家族は88.0%に及び,トラブルの内容はテープかぶれが最も多かった。<br>4.NAM治療中に一度でも中断したいと思ったことがある,と答えた保護者は44%に上り,治療中のトラブルの発生と正の相関が認められた(γ = 0.481,p < 0.01)。<br>5.治療の満足度調査ではNAM治療結果に79.2%,初回口唇鼻形成手術結果に72.0%が満足,まあ満足と回答しており,NAM治療及び初回口唇鼻形成手術の満足度には正の相関が認められた(γ = 0.537,p < 0.01)。<br>6.初回口唇鼻形成手術及び口蓋形成手術後にNAM治療は効果があったと思う,まあ思うと答えた保護者は88.0%に上り,同様に86.4%の保護者がNAM治療をすすめる,まあ勧めると回答していた。<br>7.家族が感じるNAM治療の適正料金では,口唇形成手術費用の1/3~1/2程度が良いと答えた家族が43.2%(54人)と最も多かった。<br>以上の結果より,NAM治療に伴う通院や装置管理に対する患児家族らの負担が明らかになると共に同時に治療効果も感じており,きわめて高いNAM治療への支持があることがわかった。

The purpose of this study was to investigate the influence of presurgical nasoalveolar molding (NAM) treatment for cleft palate patients and their family. A questionnaire survey regarding NAM treatment was performed involving 145 parents of children who underwent primary cheiloplasty after NAM treatment performed by the Showa University Cleft Lip and Palate Team between April 2004 and January 2008. Responses were obtained from 125 parents (response rate: 86.2%).<br>The results showed that the parents felt NAM was effective for cleft palate treatment and that NAM before cheiloplasty should be encouraged.

Journal

  • Journal of Japanese Cleft Palate Association

    Journal of Japanese Cleft Palate Association 36(3), 191-201, 2011-10-25

    Japanese Cleft Palate Association

References:  14

Codes

Page Top