申し送り廃止までのプロセス A Road to the Abolishment of Moshiokuri

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

申し送りは, 看護業務を継続させるために必要不可欠なものと, 長年考えられていた。多くの病院において申し送りについていろいろ検討され, 時間短縮など試みられているが, いまだ30分から1時間かけて申し送りが行われているところもある。<BR>当院においても申し送り時間が長く, 看護のためベッドサイドへ早く行けないことが問題とされていた。そのため平成6年より看護記録委員会が中心となって看護記録用紙の内容を検討し, 業務改善のため個人用のカーデックスを廃止した。しかしベッドサイドへ行くまでになお30分前後かかっていた。そこで平成10年度の看護部全体の業務改善の目標を「申し送り廃止」と掲げ看護記録委員会が推進役となり活動した。各病棟間の情報交換を行いながら, 看護記録の充実, 看護業務改善の勉強会などを通して順次申し送りの部分廃止から全面廃止へと実施した。そして申し送り廃止によってベッドサイドケアーの時間が増加し, 看護記録も少しずつ充実してきた。

Moshiokuri, or explaining what one did to one's successor before calling it a day, has long been regarded as a practice indispensable for the smooth continuation of nursing business. However, there has been much to be done in terms of efficiency. In our hospital, moshiokuri was taken up as a problem because it took long and prevented nurses from getting down to work by bedsides without delay. In 1994 the nursing record committee started to examine the practice and improvedthe roster. Later, the card indexing system for individuals was abolished. In 1998, the nursing department made the abolishment of moshiokuri practice its chief aim to improve nursing efficiency. For the attainment of the aim, the nursing record committee played an important role as a prime mover. While exchanges of information between wards were being promoted, study sessions were frequently held to enrich nursing records and improve the efficiency of nursing work. Thus, moshiokuri was partlydiscontinued and abolished totally in March, 1999. Now, the nurses have plenty of timecaring bed-ridden patients. Improvement has been made on the nursing record.

収録刊行物

  • 日本農村医学会雑誌

    日本農村医学会雑誌 49(2), 128-131, 2000-07-20

    THE JAPANESE ASSOCIATION OF RURAL MEDICINE

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030910121
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196216
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04682513
  • NDL 記事登録ID
    5472040
  • NDL 雑誌分類
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL 請求記号
    Z19-224
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ