排ガス中の有害物質の測定方法の検討(IV) : GC/MSによるフェニレンジアミンの定量 Study on the Determination of Toxic Chemicals in Exhaust Gas (IV) : GC/MS Determination of Phenylenediamines

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

有害大気汚染物質として注目されているフェニレンジアミン (PD) の排ガス試料の測定方法について検討した。エタノールで洗浄したSep-Pak Plus PS-2に排ガスを通気してフェニレンジアミンを捕集し, エタノール1mlでこれを溶出して内標準を加え, うち1μlをGC/MSで分析した。本法は排ガス10lの採取とした場合, <I>o</I>-PDと<I>p</I>-PDは1.4%以下, <I>m</I>-PDは18.3%以下の水分率の排ガスに適用できると推測された。また検量線は濃度比が0.033~1.7の範囲で直線性があり, 6.7~37μg添加に対する平均回収率は91.7%以上で変動係数は5.2%以下と良好だった。本法の定量下限は排ガス10lの採取として250-330μg/m<SUP>3</SUP>であった。本方法を<I>m</I>-PDを原料としてアゾ染料を製造している工場の排ガスに適用したところ, スクラバー入口では<I>m</I>-PDが300~620μg/m<SUP>3</SUP>の濃度で検出された。

A method is described to determine <I>o</I>-, <I>m</I>- and <I>p</I>-phenylenediamines (PDs) in exhaust gas. PDs were collected using Sep-Pak Plus PS-2 cartridge conditioned with ethanol and eluted with ethanol. An internal standard decanonitrile was added to the eluate for capillary gas chromatography-mass spectrometry. Applicable water contents of gas samples by the method were less than 1.4% for <I>o</I>- and <I>p</I>-PD and less than 18.3% for <I>m</I>-PD.<BR>The recoveries and their relative standard deviations were more than 91.7% and less than 5.2% respectively on 4 runs. The detection limits were 250-330 μg/m<SUP>3</SUP> for a 10-l volume of gas sample. PDs were detected in exhaust gases from a dye industry in the range 300-620 μg/m<SUP>3</SUP> at the inlet of a scrubber.

収録刊行物

  • 環境化学 : journal of environmental chemistry

    環境化学 : journal of environmental chemistry 7(2), 257-266, 1997-06-01

    一般社団法人 日本環境化学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030916947
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10547099
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09172408
  • NDL 記事登録ID
    4237335
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学) // ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z16-2322
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ