大気中のビスフェノールAの定量 Determination of Bisphenol A in Air

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

大気中のビスフェノールAの分析法を開発した。ガラス繊維ろ紙上に捕集した大気試料をメタノールで超音波抽出し, 蒸発乾固した後, アセチル化しキャピラリーガスクロマトグラフィー・マススペクトロメトリーにより定量した。大気を240l採取した時の検出限界は1.7ng/m<SUP>3</SUP>であった。本法による大気中のビスフェノールAの濃度は2.9~3.6ng/m<SUP>3</SUP>であった。

Determination of bisphenol A in air has been developed using gas chromatography (GC) /mass spectrometry (MS) . Air samples were collected on the glass fiber filter and were digested with methanol. After the methanol extract was evaporated to dryness, the acetic anhydride acetylation in the presence of pyridine was performed. The toluene extract containing the acetylated bisphenol A was determined by the GC/MS method. The detection limit of bisphenol A was 1.7ng/m<SUP>3</SUP>. The concentration range of bisphenol A in air was 2.9-3.6ng/m<SUP>3</SUP>.

収録刊行物

  • 環境化学 : journal of environmental chemistry

    環境化学 : journal of environmental chemistry 7(2), 275-279, 1997-06-01

    一般社団法人 日本環境化学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030916989
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10547099
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09172408
  • NDL 記事登録ID
    4237337
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学) // ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z16-2322
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ