キャピラリーカラムGC/MSによる有害大気汚染物質(揮発性)の長期連続測定の為の自動試料平均化採取装置の開発 Development of the Automated Averaged Sampling System for Long Term Monitoring of Hazardous Air Pollutants (Volatile Organic Compounds) using Capillary Column GC/MS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

揮発性有害大気汚染物質の平均濃度をキャピラリーカラムGC/MSで長期間観測するための試料導入方法を検討した。平均濃度を求めるために, 2つの試料採取容器に試料を交互に採取し測定をおこなった。これにより分析周期の如何に関わらず試料採取を連続して行うことが可能となった。測定回数を減らすことで少ないデータで平均濃度を効率よく求めることが可能となった。

The sample collection/introduction method to observe the long term average concentration of the hazardous air pollutants using capillary GC/MS was examined. The system consists of sample collection part with two sampling canisters and canister-cleaning sytem, and sample concentration/introduction system to GC. Continuous sample collection is possible by the alternate use of the two canisters for air sampling. The effective data collection to get the average concentration in air can be achieved by the small number of the data because of the reduction of the number of analysis.

収録刊行物

  • 環境化学 : journal of environmental chemistry

    環境化学 : journal of environmental chemistry 7(2), 297-304, 1997-06-01

    一般社団法人 日本環境化学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030917019
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10547099
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09172408
  • NDL 記事登録ID
    4237340
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学) // ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z16-2322
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ