大気中のアニリンのキャピラリーガスクロマトグラフィー・マススペクトロメトリーによる定量 Determination of Aniline in Air by Capillary Gas Chromatography/Mass Spectrometry

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

大気中のアニリンの分析法を開発した。大気試料をガラスビーズとTenax-TAを充填した捕集管に捕集し, TCT装置によりGC/MSに導入する。ガラスビーズとTenax-TAの使用によりngレベルでのアニリンの回収, 定量が可能となった。大気を10l採取した時の検出下限値及び定量下限値はそれぞれ4.6および15ng/m<SUP>3</SUP>であった。本法により実際の大気を測定したところ, 定量下限値以下であったが, アニリンが検出された。

Determination of aniline in air has been developed using gas chromatography (GC) /mass spectrometry (MS) . Aniline was collected on the multi-bed tube, which consists of 35mm glass beads and 40mm of Tenax-TA, and then injected into a GC/MS by using the thermal desorption-cold trap equipment. The use of glass beads as weak sorbent makes possible to recover the aniline at the nanogram concentration level. The detection limit and quantification limit for aniline on 10l-air samples were 4.6 and 15ng/m<SUP>3</SUP>, respectively. Aniline was detected in air, although below the quanitification limit.

収録刊行物

  • 環境化学 : journal of environmental chemistry

    環境化学 : journal of environmental chemistry 7(3), 477-482, 1997-09-01

    一般社団法人 日本環境化学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030917027
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10547099
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09172408
  • NDL 記事登録ID
    4293496
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学) // ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z16-2322
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ