排ガス中の有害物質の測定方法の検討(V) : HPLCによるフェニレンジアミンの定量 Study on the Determination of Toxic Chemicals in Exhaust Gas (V) : Determination of Phenylenediamines by HPLC

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

有害大気汚染物質としての可能性が指摘されているフェニレンジアミン (PD) を吸収液捕集―HPLC法で分析する方法について検討した。排ガスを0.02%塩酸に捕集し, 定容後10μlをHPLCに注入し, ピーク面積により定量した。標準溶液の繰り返し分析精度は0.24~0.95%と良好で, 検量線も0.1~100μg/mlで直線性があった。室内空気240lを通気しても回収率は95.9~104%と安定しており, 定量下限は大気604の採取として65~77μg/m<SUP>3</SUP>であった。試料の保存性も良好で, アゾ染料製造工場の排ガスに適用したところ, <I>m</I>-PDが検出された。

A method was developed for the determination of <I>o</I>-, <I>m</I>- and <I>p</I>-phenylenediamines (PDs) in exhaust gas. PDs were collected by bubbling sample gas through 15ml of diluted hydrochloric acid. The sample solution was adjusted to 20ml with the absorbent solution and a 10 μl of it was injected to high performance liquid chromatograph with an UV detector.<BR>The recoveries were 95.9-104% after 240l of in-door air was passed through the solution to which the standards were added. The detection limits by this method were65-77μg/m<SUP>3</SUP> for 60l of gas sample. PDs remained stable in the absorbent solution for at least 4 days. The method was successfully applied to exhaust gases from a dye industry.

収録刊行物

  • 環境化学 : journal of environmental chemistry

    環境化学 : journal of environmental chemistry 7(3), 483-487, 1997-09-01

    一般社団法人 日本環境化学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030917042
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10547099
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09172408
  • NDL 記事登録ID
    4293497
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学) // ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z16-2322
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ