水道水中の消毒副生成物と排水の消毒副生成物生成能 Chlorination Disinfection By-Products in Tap Water and Their Formation Potential in Waste Water

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

水道水中のトリハロメタンをヘキサン抽出―GC/ECD法で定量した時, トリハロメタン以外にハロアセトニトリル, ハロアセトン, クロロピクリンが認められた。<BR>前駆物質は水道水中に存在し, 残留塩素と反応し, ハロアセトニトリル, ハロアセトンを生成していた。またこのハロアセトニトリル, ハロアセトンは配水・供給中にトリハロメタンに変化しているが示唆された。<BR>異なる前駆物質の場合には水道水のGCパターンは異なっていた。そこで, 業種別に消毒副生成物生成能を測定した。調査した水道水5ヶ所中, 2ヶ所の消毒副生成物は主に下水処理場, パルプ工場排水の由来であると推定された。

When tap water was analysed by GC/ECD method after hexane extraction, unusual peaks which correspond to haloacetonitrile, haloacetone and chloropicrin were observed in addition to trihalomethanes.<BR>Precursors were found to be in tap water which reacted with residual chlorine to produce haloacetonitrile and haloacetone. It was suggested that once produced haloacetonitrile and haloacetone were further coverted to trihalomethanes during distribution.<BR>City water exhibited a different GC-pattern due to different precursor materials coming from different emission sources. Analysis was made for by-products formation potential of water according to the type of emission source. Of five investigated city waters, two were assumed to have their major souce of the precursor organics from Sewage treatment plant and pulp mill waste water.

収録刊行物

  • 環境化学 : journal of environmental chemistry

    環境化学 : journal of environmental chemistry 7(3), 489-494, 1997-09-01

    一般社団法人 日本環境化学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030917051
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10547099
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09172408
  • NDL 記事登録ID
    4293498
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学) // ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z16-2322
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ