空中散布による河川水中の農薬の挙動 Distribution of Aerially Sprayed Pesticides in River Water

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

農業用排水路として利用されている河川水中における空散農薬のモニタリングを行った。その結果, 調査対象地域で空中散布された11農薬はすべて検出され, 流出率は0.2から9.2%と推定された。また, 空散農薬以外の農薬として除草剤が10農薬, 殺菌剤及び殺虫剤が7農薬検出されたがいずれも微量であった。

Distribution and variation of aerially applied pesticides were studied in a river running through cultivated area during June to September 1995. The target pesticides were buprofezin, etofenprox, fenitrothion, flutoranil, phthalide, isoprothiolane, mepronil, pencycuron, pyridaphenthion, tetrachlorvinphos and tricyclazole. The pesticides were detected at 0.04 to 4.84μg·l<SUP>-1</SUP> in median.<BR>Their concentrations increased during and after the application periods. Their run-off rates to the river were 0.2% for etofenprox to 9.4% for tricyclazole. Moreover, ten herbicides, two fungicides and five insecticides were detected from the river at 0.03-0.09μg·l<SUP>-1</SUP> in median.

収録刊行物

  • 環境化学 : journal of environmental chemistry

    環境化学 : journal of environmental chemistry 7(3), 507-513, 1997-09-01

    一般社団法人 日本環境化学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030917081
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10547099
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09172408
  • NDL 記事登録ID
    4293500
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学) // ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z16-2322
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ