ブラッグエッジ透過分光法による結晶組織構造情報のイメージング New Imaging Using Pulsed Neutron Sources Imaging of Crystalline Structural Information by Bragg Edge Transmission Spectroscopy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐藤 博隆 SATO Hirotaka
    • 北海道大学 大学院工学研究院 量子理工学部門 Division of Quantum Science and Engineering, Faculty of Engineering, Hokkaido University

抄録

パルス中性子イメージングでは,材料を透過してきた中性子の波長依存スペクトルを位置ごとに測定する。透過スペクトルの低エネルギー領域には,ブラッグエッジと呼ばれる特徴的パターンが現れる。ブラッグエッジには結晶構造・結晶相・集合組織・結晶子サイズ・ひずみといった各種結晶組織構造情報が含まれているため,本手法によりこれら構造情報を広範囲にわたって非破壊的に可視化することが可能となる。本稿では,新しいマテリアル解析ツールとして期待されているブラッグエッジイメージングの原理と特徴,測定例について紹介する。

Neutron imaging at a pulsed neutron source can simultaneously give position-dependent neutron transmission spectra of a material. “Bragg edge” transmission pattern appears at low energy region of the spectrum. Since the Bragg edge transmission spectrum includes various crystalline structural information, e.g., crystal structure, crystalline phase, crystallographic texture, crystallite size and strain, the pulsed neutron imaging using a two-dimensional area detector can non-destructively visualize such the information over the wide area of a material. In this article, principles, features and experimental examples of the Bragg edge transmission imaging that is expected as a new analysis tool for materials science are presented.

収録刊行物

  • Radioisotopes

    Radioisotopes 61(8), 449-462, 2012-08-15

    公益社団法人 日本アイソトープ協会

参考文献:  27件中 1-27件 を表示

各種コード

ページトップへ