ハーバード・メディカル・スクールの場合 Clinical clerkship at the Harvard Medical School

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 高田 和生 TAKADA Kazuki
    • 東京医科歯科大学医歯学融合教育支援センター Center for Interprofessional Education, Tokyo Medical and Dental University

抄録

1)ハーバード・メディカル・スクールにおける臨床実習では,米国の多くの医学校と同様に,学生は第3学年の必須診療科における診療参加型臨床実習で基盤能力および経験を,第4学年の選択臨床実習において興味のある分野で更なる経験を得る.<br>2)学習者の積極的な学習姿勢,教育者の熱心な教育姿勢のもと,診療参加型臨床実習が行われている.その背景には,2年間にわたる臨床導入教育,そして学習者,教育者それぞれの取り組みの評価が進路決定や昇進判定に影響することがあげられる.<br>3)近年の通年性学習機会の創出と密なメンタリングなど,臨床実習カリキュラムの改革が進められている.

1)As in most other US medical schools, clinical curriculum at the Harvard Medical School consists of clerkship in required core specialties in the third year, which provides a clinical base for exposure to the broad disciplines of medicine and experiences essential to credentialing as a licensed physician, and of elective rotations in the fourth year for advanced experiences in interested specialties or fields.<br>2)Highly–motivated students and teachers enthusiastic in education produce effective participatory clinical training, supported by two–year longitudinal training for clinical skills and patient–doctor relationship and by incentives for residency match and academic promotion.<br>3)The Harvard Medical School continues to improve its curriculum, most recently by creating longitudinal learning experiences and mentoring,.

収録刊行物

  • 医学教育 = Medical education

    医学教育 = Medical education 43(2), 71-77, 2012-04-25

    日本医学教育学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030945360
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00013280
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03869644
  • NDL 記事登録ID
    023769664
  • NDL 請求記号
    Z19-586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ