正統的周辺参加論に基づく Clinical Clerkship の構造 : McGill大学の事例研究 A Clerkship based on Legitimate Peripheral Participation : A case study of McGill University

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 奈良 信雄 NARA Nobuo
    • 東京医科歯科大学医歯学教育システム研究センター Center for Education Research in Medicine and Dentistry, Tokyo Medical and Dental University

抄録

1)McGill大学医学部(カナダ)のクラークシップを,観察記録・学生と教員へのインタビュー・シラバスなどの資料に基づくデータをもとに,3名の研究者で分析し,事例研究を行った.<br>2)McGill大学医学部の臨床教育は3部構成である.学生はアウトカムを目指し,積極的見学に始まり最終的には観察下での相当な実践的実習に至る,コンピテンシー基盤型カリキュラムを主たる構造としている.<br>3)本クラークシップは,正統的周辺参加理論・発達の最近接領域・TARGETモデルなど,様々な理論やモデルに裏付けされる教育的構造を格子としており,我が国への応用可能性が示唆された.

  A case study of a clerkship at McGill University school of medicine was conducted based on the data such as an observation, interview, and documents. A clerkship was constructed by three components. The basis of the structure was competency–based education. Medical students starts learning from active observation and later by supervised practice. The curriculum was supported by the educational theory such as legitimate peripheral participation, zone of proximal development and TARGET model, which sheds the light on some key elements to transfer into Japanese clerkship.

収録刊行物

  • 医学教育 = Medical education

    医学教育 = Medical education 43(2), 79-85, 2012-04-25

    日本医学教育学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030945367
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00013280
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03869644
  • NDL 記事登録ID
    023769693
  • NDL 請求記号
    Z19-586
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ