ユトレヒト大学(オランダ)の事例から A case of clinical clerkship in Utrecht University

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 北村 聖 KITAMURA Kiyoshi
    • 東京大学医学教育国際協力研究センター International Research Center for Medical Education, the University of Tokyo

抄録

1)日本とオランダの医学教育の関係は江戸末期のポンペ来日までさかのぼる.<br>2)オランダの医学教育においては医学教育学の科学的根拠に基づき,1970年代以降,医学教育改革が進められてきた.<br>3)オランダのユトレヒト大学では,Z型カリキュラムが採用され,ほとんどの診療科が4週間のローテート実習を行い,また研修医が学生を教える屋根瓦方式が機能している.

1)Relationship between Japan and The Netherland in Medical Education started when Pompe van Meerdervoort visited Japan in 19th century.<br>2)Medical Education in The Netherland has been changing based on evidence in medical education since 1970s.<br>3)Utrecht University adapts Z type curriculum, spends 4 weeks for most of the clinical rotations, and has culture in which residents teach medical students.

収録刊行物

  • 医学教育 = Medical education

    医学教育 = Medical education 43(2), 87-91, 2012-04-25

    日本医学教育学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030945382
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00013280
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03869644
  • NDL 記事登録ID
    023769699
  • NDL 請求記号
    Z19-586
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ