経皮的冠動脈インターベンションを必要とする虚血性心疾患患者の冠動脈責任病変プラーク面積を規定する因子の検討 Predictors of plaque area for culprit lesion in patients with ischemic heart disease who underwent percutaneous coronary intervention

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐々木 修 SASAKI Osamu
    • 埼玉医科大学総合医療センター心臓内科 Division of Cardiology, Saitama Medical Center, Saitama Medical University
    • 吉本 信雄 YOSHIMOTO Nobuo
    • 埼玉医科大学総合医療センター心臓内科 Division of Cardiology, Saitama Medical Center, Saitama Medical University

抄録

【目的】冠動脈プラークの増加は心血管イベント発症のリスクとされている.本研究の目的は経皮的冠動脈インターベンションを必要とする虚血性心疾患患者において血管内超音波法で計測された冠動脈責任病変プラーク面積を規定する因子を明らかにすることである.【方法】当院にて経皮的冠動脈インターベンションを施行した虚血性心疾患患者連続304名(急性冠症候群206名)を対象とした.責任冠動脈病変の最も内腔面積が小さな最小血管内腔部位におけるプラーク面積を従属変数として,年齢,性別,急性冠症候群,高血圧,糖尿病,脂質異常症,喫煙,アンジオテンシン変換酵素阻害薬/アンジオテンシンII受容体拮抗薬内服,スタチン内服,HbA1c,LDLコレステロール(low density lipoprotein cholesterol; LDL-C),HDLコレステロール(high density lipoprotein cholesterol; HDL-C),LDL-C/HDL-C比,病変の偏心性(エクセントリシティ・インデックス; EI),カルシウム角度,リモデリング・インデックス(RI)を独立変数とした単回帰分析を実施したのち、多重共線性のある独立変数を除いて重回帰分析を行った.【結果】単回帰分析において高血圧,糖尿病,脂質異常症,喫煙,アンジオテンシン変換酵素阻害薬/アンジオテンシンII受容体拮抗薬内服,スタチン内服,HbA1c,LDL-Cはプラーク面積と相関を示さなかったが,性別(p=0.006),急性冠症候群(p=0.005),LDL-C/HDL-C比(p=0.012),RI(p<0.001)が正の相関,年齢(p=0.025),HDL-C(p=0.001),EI(p=0.003)カルシウム角度(p=0.029)は有意な負の相関を示した.重回帰分析を行ったところ,HDL-C(p=0.025)とEI(p=0.020)がプラーク面積の独立した負の規定因子であった.【結論】経皮的冠動脈インターベンションを必要とする虚血性心疾患患者において,冠動脈責任部位におけるプラーク面積を規定したものはHDLコレステロールと病変の偏心性であった.

Objectives: The progression of coronary artery plaque is considered as a risk of cardiovascular events. The purpose of this study was to clarify the predictors of plaque area for culprit lesion determined by intravascular ultrasound (IVUS). Methods: Three hundred four de novo culprit coronary artery lesions from 304 patients (acute coronary syndrome (ACS) 206, stable angina pectoris (SAP) 98) who underwent percutaneous coronary intervention were imaged by IVUS. External elastic membrane cross sectional areas (EEM-CSA), lumen cross sectional areas (lumen-CSA), and the maximum and minimum plaque thicknesses were measured and plaque+media CSA (P+M CSA): (EEM-CSA)–(lumen CSA) was calculated at the lesion site, and the proximal and distal reference sites. Remodeling Index (RI); lesion EEM-CSA/{(proximal reference EEM-CSA+distal reference EEM-CSA)/2} and Eccentricity index (EI); (maximum-minimum plaque thickness)/maximum plaque thickness were calculated. Univariate and multivariate regression analysis was performed to identify the predictors of P+M CSA. Results: In univariate analysis, P+M CSA showed no significant relation with diabetes mellitus, hypertension, smoking, statin usage, ACE-I/ARB usage, LDL-cholesterol, but presented significant correlations with age(p=0.025), male gender(p=0.006), ACS (p=0.005), HDL-cholesterol (p=0.001), LDL-cholesterol/HDL-cholesterol ratio (p=0.012), calcium arc (p=0.029), RI (p<0.001) and EI (p=0.003). In multivariate regression analysis, P+M CSA showed significant negative correlations with HDL-cholesterol (p=0.025) and EI (p=0.020). Conclusions: Serum HDL-cholesterol levels and lesion eccentricity were independent predictors of plaque area for culprit lesion.

収録刊行物

  • 日本冠疾患学会雑誌 = Journal of the Japanese Coronary Association

    日本冠疾患学会雑誌 = Journal of the Japanese Coronary Association 18(1), 21-29, 2012-02-25

    特定非営利活動法人 日本冠疾患学会

参考文献:  48件中 1-48件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030949899
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11155536
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13417703
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ