3次元動画、画像による側頭骨臨床解剖教育の効果について The effectiveness of the three dimensional movies and images on education of temporal bone anatomy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 神崎 晶 KANZAKI Sho
    • 慶應義塾大学医学部耳鼻咽喉科頭頸部外科 Department of Otorhinolaryngology, Head and Neck Surgery, School of Medicine, Keio University
    • 井上 泰宏 INOUE Yasuhiro
    • 慶應義塾大学医学部耳鼻咽喉科頭頸部外科 Department of Otorhinolaryngology, Head and Neck Surgery, School of Medicine, Keio University
    • 齋藤 秀行 SAITO Hideyuki
    • 慶應義塾大学医学部耳鼻咽喉科頭頸部外科 Department of Otorhinolaryngology, Head and Neck Surgery, School of Medicine, Keio University
    • 小川 郁 OGAWA Kaoru
    • 慶應義塾大学医学部耳鼻咽喉科頭頸部外科 Department of Otorhinolaryngology, Head and Neck Surgery, School of Medicine, Keio University

抄録

目的) 若手医師、医学部生を対象に3次元 (以下3D) 動画による側頭骨臨床解剖、3D側頭骨CTに関する講習を行った。その教育効果を解析する。<BR>方法) 3D教材の効果をみるために、若手医師向け教材と医学生向け教材を作成し以下2つの試みを行った。<BR>1) 若手医師向けには側頭骨臨床解剖教育動画 (経迷路法、経中頭蓋窩法それぞれ2つの手術アプローチに関する動画) を作成した。その動画を専修医を含む経験年数の若い医師に視聴させた後、質問紙に回答してもらった。2) 医学部生には3D-CT画像あるいは2次元 (以下2D) -CT画像を用いた教材で講義を行い、教育効果について解析した。<BR>結果) 3D動画視聴により、新たに理解できた解剖部位は、1年目医師では「顔面神経」であり、4年目医師では「内耳道」であった。耳鼻咽喉科経験年数を経るにしたがって理解度も向上していた。学生では3D教材による講義は2D教材と比較してより短時間で同じ効果を得た。<BR>結論) 3D教材は理解度の向上、教育の効率化に貢献する可能性を見出した。今後も改良を行って医師・医学部生に対して3D画像・動画による教育システムを検討したい。理解度を評価する方法として試験や質問票の確立も重要である。また、本稿ではご遺体に関する最近のガイドラインについても紹介し、今後の臨床解剖教育の問題点についても言及した。

We have constructed that three dimensional movies and images on temporal bone anatomy as teaching aids for students and young doctors.<BR>We showed the young doctors the 3D movies of surgical approaches, via middle fossa and translabyrinthine approach. Afterwards, the questionnaire survey demonstrated that the first year experienced doctors could understand the facial nerve very well and the four years or more experienced doctors could newly understand the anatomy of inner auditory meatus.<BR>We also divided the medical students into two groups. One group was lectured by 2D CT imagesalone for 60 minutes, but another group was lecturedby 3D movies for 15 minutes. There was no significant difference between two groups. Through the 3D movies based lecture, the students could understand for shorter time than 2D images based lecture.<BR>These studies demonstrated that introduction of 3D moviecan be useful for understanding temporal bone anatomy medical students and young doctors.<BR>This article also introduced the tentative guidelines for human body dissection for clinical anatomy education and research and commentary in Japan.<BR>We discussed the issues of cadaver training and education of clinical anatomy.

収録刊行物

  • Otology Japan

    Otology Japan 22(3), 205-208, 2012-07-25

    THE JAPAN OTOLOGICAL SOCIETY

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030959017
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358085
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09172025
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ