中耳内に限局した髄膜腫の一例 A Case of Middle Ear Cavity Meningioma with No Apparent Intra-cranial Source

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

髄膜腫は原発性脳腫瘍の中では最も頻度の高い組織型であるが、頭蓋内病変を伴わず、頭蓋外に孤立して見つかることは稀である。今回我々は、中耳内に限局する髄膜腫の1例を経験したので、報告する。症例は50歳女性。主訴は左耳閉感。近医耳鼻咽喉科にて加療されるも改善なく、近くの総合病院耳鼻咽喉科を受診。MRIにて中耳腫瘍疑われ平成21年11月27日愛媛大学耳鼻咽喉科を受診。左鼓膜後象限に白色塊が透見されたが、陥凹や穿孔認めなかった。標準純音聴力検査では、聴力に左右差なく正常範囲内であった。MRIにて左上鼓室~乳突洞口にT2強調像でやや高信号、造影効果のあるMassを認めた。また、CTでも同部位に軟部組織陰影を認めるも、頭蓋内には髄膜腫を疑う所見はなかった。平成22年2月16日経乳突洞的に腫瘍生検を施行。Meningioma; WHO grade Iと診断された。平成22年4月16日、左中耳腫瘍摘出術を施行した。明らかな硬膜や神経との連続性は認めず全摘出しえた。特記すべき後遺症や再発はなく、現在愛媛大学耳鼻咽喉科外来にて経過観察中である。

A 50-year-old woman complained of no symptoms except for fullness of the left ear. Her physical examination revealed a white mass visible through the left intact tympanic membrane, although her pure tone audiogram was within normal limits. CT and MRI showed a solitary mass in the left middle ear. In order to confirming the diagnosis, we performed a trans-mastoid tumor biopsy, and the tumor was microscopically diagnosed as meningioma.<BR>Later, the tumor was successfully removed by combined approach technique, and the canal wall up tympanoplasty type III-i (interposition) was performed. The patient was undergoing regular follow-ups, and for 18 months after her surgery, she was free of any recurrent meningioma and retained good hearing.<BR>There will be arguments both for and against operations in similar cases. Surgery, follow-ups (Wait-and-scan), and radiation can be recommended. To make a decision, further verification and the informed consent are important.

収録刊行物

  • Otology Japan

    Otology Japan 22(3), 238-243, 2012-07-25

    日本耳科学会

参考文献:  31件中 1-31件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030959089
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358085
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09172025
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ