食鳥処理場におけるカンピロバクター制御法の現状と課題  [in Japanese] Strategies for Post-Harvest Control of Campylobacter  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 三澤 尚明 MISAWA Naoaki
    • 宮崎大学農学部 Laboratory of Veterinary Public Health Department of Veterinary Science Faculty of Agriculture University of Miyazaki

Abstract

カンピロバクターは人の主要な食水系感染症の起因菌として世界各国で重要視されている。多くの先進諸国においてカンピロバクター食中毒は増加傾向にあり,地球規模では,毎年4~5億人の感染者があると推定されている。本食中毒の主要な感染源となる鶏肉に焦点を当て,研究室レベルや食鳥処理場において実施されている微生物制御法の現状と問題点等について概説する。

Journal

  • Journal of the Japan Veterinary Medical Association

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 65(8), 617-623, 2012-08-20

    Japan Veterinary Medical Association

References:  33

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10030960379
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00191857
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    04466454
  • NDL Article ID
    023938645
  • NDL Call No.
    Z18-352
  • Data Source
    CJP  NDL  IR  J-STAGE 
Page Top