森林昆虫における振動情報の機能解明と害虫防除への応用  [in Japanese] Functional analysis of vibration signals in forest insects and application to pest control  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

多くの昆虫は固体を伝わる振動や空気中を伝わる音に敏感であり,様々な場面でこの能力を利用する種が存在する。近年,環境や健康への配慮から,害虫防除のために殺虫剤が使用できなくなる例がでてきている。本稿では,著者らの研究グループによる森林害虫であるマツノマダラカミキリの行動・生理学的知見と防除試験の予備的成果を中心に,カブトムシなど他のコウチュウ目昆虫における振動情報を用いた行動,そして害虫防除について解説する。

Journal

  • MOKUZAI HOZON (Wood Protection)

    MOKUZAI HOZON (Wood Protection) 38(4), 157-162, 2012-07-25

    JAPAN WOOD PRESERVING ASSOCIATION

References:  19

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10030986404
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00240373
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    02879255
  • NDL Article ID
    023908853
  • NDL Call No.
    Z17-745
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top