表層部分に注目した地震動シミュレーションのための関東平野の3次元S波速度深部地盤モデル  [in Japanese] 3D S-wave velocity model of Kanto basin for long-period ground motion simulation with special focus on treatment of shallow near-surface part  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

関東平野内の各地で実施された微動アレイ探査データを集約し,やや長周期の地震動シミュレーションのための関東平野の堆積層の3次元S波速度深部地盤モデルの新たな構築を行った。今回の新たな構築においては,関東平野北部地域など領域内における微動探査の空白域の解消により,これまで既往の研究の情報を参照にした推定によるところが多かった領域の大幅な縮小化と平野全体における各層境界面形状の詳細化を図ることができ,山中・山田(2006)で示されたモデルからの改善を行うことができた。そして,本研究で構築した深部地盤モデルを用いて,1990年伊豆大島近海地震(Mj6.5)の差分法による地震動シミュレーションを行い,観測記録や既往のモデルによるシミュレーション結果との比較を行った。その結果,新たに示したモデルを用いることで,周期4~20秒の帯域の時刻歴波形や速度応答スペクトルにおいて,平野の北西部を除く広範囲の地点で観測記録の特徴をある程度説明できることを示し,東京湾周辺部だけでなく平野各地に分布する観測点における地震動記録の再現性の向上につながった。さらに,深部地盤モデルにおける表層部分のS波速度の地域的分布を考慮することの有意性を示し,やや長周期帯域の地震動を評価するより適切なモデルを提示することができた。さらに,地震動シミュレーションに多用されている差分法において,媒質パラメータを与える地盤モデル内の空間の離散化の大きさの違いによる影響を抽出し,差分格子サイズの大小によって計算結果に大きく差が出ることが有り得ることを示した。特に,周期数秒程度のやや長周期地震動シミュレーションにおいては,関東平野のように大規模で厚い堆積層の中でも,低速度層である表層部分について,モデル化の際の配慮の必要性を指摘することができた。<br>

 A 3D S-wave velocity model for the Kanto sedimentary basin, Japan, is reconstructed using 1D structure data by the results of microtremor array explorations. This new model is reduced the presumption region with compilation added new explorations in the northern part of Kanto plain in the target model area. Then we simulated the long-period ground motion during a moderate earthquake of near the Izu-Oshima in 1990 using the basin 3D model. This new model was able to explain the ground motion records during the target earthquake as same as the previous one, and it led to the improvement of the reproducibility of the observed waveform in not only the area around Tokyo Bay but also the other parts in the plain. Especially, the effect of regional distribution of the S-wave velocity in the top layer of the basin model was investigated. Especially, the necessity of careful consideration was pointed out in modeling the top layer with low velocity and thin in case of finite difference modeling for long-period ground motion.<br>

Journal

  • BUTSURI-TANSA(Geophysical Exploration)

    BUTSURI-TANSA(Geophysical Exploration) 65(3), 139-150, 2012-07-01

    The Society of Exploration Geophysicists of Japan

References:  21

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10031075482
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10028069
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09127984
  • NDL Article ID
    024017518
  • NDL Call No.
    Z15-66
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top