継続的な国際協力に基づく途上国の都市計画技術協力史 : シリア国ダマスカスの事例から  [in Japanese] Urban Planning Projects in Developing Countries based on International Cooperation : Focusing on the Case of Damascus, Syria  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 松原 康介 MATSUBARA Kosuke
    • 筑波大学システム情報系社会工学域都市計画分野・国際総合学類国際開発学主専攻 University of Tsukuba, Graduate School of Systems and Information Engineering, Urban Planning Studies

Abstract

ダマスカスにおける日本の都市計画プロジェクトは、相手国の信用に根差した優れた国際協力プロジェクトの貴重な事例である。本稿では、日本の都市計画プロジェクトの発展過程を明らかにして、プロジェクトが継続的であるための条件を分析する。1973年、専門家奥井正雄は番匠谷尭二から引き継いだ詳細計画を策定した。1999年には、都市交通調査が実施され、喫緊の交通改善事業が実現された。2008年には、橋本強司率いる開発調査チームが広い視野で調査を行い、ダマスカス首都圏というコンセプトを提起するとともに、能力開発でも成果を上げた。2009年にこの開発調査はカナワート歴史地区とゴータ緑地地区の2つの地区詳細計画からなる技術プロジェクトに引き継がれた。結論として、カウンターパートとの信頼関係こそが、プロジェクトを効果的にする上で最も重要であると指摘する。

In this paper, I clarify the evolution of Japanese urban planning projects in order to examine the conditions that the projects can be continuous. In 1973, a specialist M.Okui elaborated some detailed plans entrusted from G.Banshoya. In 1999, a study on urban transportation planning was suggested to realize some important traffic improvements. In 2008, a development survey team lead by T.Hashimoto carried out a wide scope research about Damascus and suggested the concept of Damascus Metropolitan Area with realizing a great result of Capacity Development. This successful survey project was succeeded by a technical assistance project composed by two detailed plans for Qanawat historical area and for Gouta green area. In conclusion, I suggest that the confidence with counterparts should be most important to make the projects efficient.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 47(3), 673-678, 2012-10-25

    The City Planning Institute of Japan

References:  22

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10031117081
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10276504
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09160647
  • NDL Article ID
    024076910
  • NDL Call No.
    Z3-992
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top