FDと消化管運動機能異常  [in Japanese] Gastrointestinal motility and functional dyspepsia  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 川田 晃世 KAWADA Akiyo
    • 群馬大学医学系研究科病態制御内科 Department of Medicine and Molecular Science, Gunma University Graduate School of Medicine
    • 保坂 浩子 HOSAKA Hiroko
    • 群馬大学医学系研究科病態制御内科 Department of Medicine and Molecular Science, Gunma University Graduate School of Medicine
    • 栗林 志行 KURIBAYASHI Shikou
    • 群馬大学医学系研究科病態制御内科 Department of Medicine and Molecular Science, Gunma University Graduate School of Medicine
    • 下山 康之 SHIMOYAMA Yasuyuki
    • 群馬大学医学系研究科病態制御内科 Department of Medicine and Molecular Science, Gunma University Graduate School of Medicine
    • 河村 修 KAWAMURA Osamu
    • 群馬大学医学系研究科病態制御内科 Department of Medicine and Molecular Science, Gunma University Graduate School of Medicine

Abstract

FDでは胃排出の遅延や,胃前庭部運動能の低下,適応性弛緩能の低下,早期胃排出の亢進などの運動異常が報告されている.適応性弛緩障害では穹隆部の食事のリザーバー機能の低下により食物が急速に前庭部や十二指腸に排出される早期胃排出亢進がおこる.この早期胃排出亢進は幽門前庭部と十二指腸を急速に拡張するため腹痛や腹部不快感を発生させる.また十二指腸への酸の注入により上腹部症状が誘発され,前庭部収縮運動が抑制される.早期排出亢進による十二指腸の急激な拡張と酸曝露は胃運動を抑制し,心窩部の膨満感などのいわゆる胃もたれ感を持続させると考えられ,これらがFDの症状の発症機序として推測されている.<br>

Journal

  • Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 109(10), 1714-1721, 2012-10-05

    The Japanese Society of Gastroenterology

References:  78

Codes

Page Top