ハヤブサの筋肉にみられた2種の顎口虫幼虫 Gnathostoma larvae from muscle of Peregrine Falcons in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

熊本県内で保護されたハヤブサ2羽の筋肉から被嚢した線虫が検出され,形態学的観察から有棘顎口虫 <I> Gnathostoma spinigerum </I>および日本顎口虫 <I> G. nipponicum </I>の第3期後期幼虫と考えられた。ハヤブサから顎口虫幼虫が発見されたのは今回が初めてとみられ,幼虫に感染した鳥類を捕食して感染したものと考えられた。

Encysted nematode larvae were found from muscle of two Peregrine Falcons rescued in Kumamoto Prefecture, Japan. They were identified morphologically as the advanced third-stage larvae of <I>Gnathostoma spinigerum </I>and<I> G. nipponicum</I>. This is the first case of <I>Gnathostoma </I>infection in Peregrine Falcons. The falcons were considered to acquire the infection by ingestion of other infected birds.

収録刊行物

  • Japanese journal of zoo and wildlife medicine = 日本野生動物医学会誌

    Japanese journal of zoo and wildlife medicine = 日本野生動物医学会誌 17(4), 153-155, 2012-12-01

    日本野生動物医学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10031131495
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11366156
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    13426133
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ