IAEA原子力エネルギーマネジメントスクール日本開催 : アジアにおける原子力人材育成の中核をめざして  [in Japanese] IAEA Nuclear Energy Management School holding in Japan ; Aiming for Nuclear Human Resource Development Center in Asia  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p> 国際原子力機関(International Atomic Energy Agency : IAEA)は将来,原子力を計画・運営・管理するリーダーとなる人材の育成を目的とした原子力エネルギーマネジメントスクール(Nuclear Energy Management School)を2010年より開催している。原子力人材育成ネットワーク,日本原子力研究開発機構,東京大学および日本原子力産業協会は,我が国の若手人材の国際化,新規原子力導入国等の人材育成への寄与およびIAEAとの協力関係の促進を目的とし,IAEAとともに,2012年6月にスクールを茨城県東海村にて開催した。このスクールでは,IAEAの専門家を講師とした講義とともに,日本開催の特徴をいかしつつ,多くの日本人専門家の協力を得て,我が国の原子力の状況・経験の紹介などを含む独自性のある講義を提供した。新規原子力導入国を含む海外13ヵ国からの21名の研修生および18名の日本人研修生は,講義や施設見学を通して原子力を学び,グループワークを通して議論を深め,3週間の生活におけるコミュニケーションを通してお互いを知り,参加者同士の国際的な人的ネットワークを構築する機会を得た。</p>

Journal

  • Journal of the Atomic Energy Society of Japan

    Journal of the Atomic Energy Society of Japan 55(1), 53-56, 2013-01-01

    Atomic Energy Society of Japan

References:  3

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10031131766
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00188477
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    18822606
  • NDL Article ID
    024209694
  • NDL Call No.
    Z16-434
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top