コンピテンス基盤型教育 Competency-based Education  [in Japanese] Competency-based Education  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 田川 まさみ TAGAWA Masami
    • 千葉大学医学部医学教育研究室, 千葉大学医学部附属病院総合医療教育研修センター The Office of Medical Education, School of Medicine, Chiba University, Health Professional Development Center, Chiba University Hospital
    • 田邊 政裕 TANABE Masahiro
    • 千葉大学医学部医学教育研究室, 千葉大学医学部附属病院総合医療教育研修センター The Office of Medical Education, School of Medicine, Chiba University, Health Professional Development Center, Chiba University Hospital

Abstract

コンピテンスとは専門職業人が,知識,技術を統合してある状況において専門職業人として業務を行う能力であり,倫理感や態度も求められる。PBLやOSCE導入の背景となっているコンピテンス基盤型教育は,教育プログラムの到達目標として一人前の医師に求められる能力であるコンピテンスを設定し,コンピテンス修得のための実践を伴う教育と,コンピテンス修得の程度を学習評価として行うものである。海外では医学部教育,研修医教育にこのコンピテンス基盤型教育が積極的に導入推進される動きがあることを概説する。

Journal

  • Chiba medical journal.

    Chiba medical journal. 82(6), 299-304, 2006-12-01

    千葉医学会

References:  6

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10031134358
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00142148
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    03035476
  • NDL Article ID
    8588185
  • NDL Source Classification
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL Call No.
    Z19-499
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  IR 
Page Top