誘発収縮時の筋音図特性  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 岡 久雄
    • 岡山大学 保健学研究科 検査技術科学分野

Abstract

骨格筋を電気刺激することによって得られる誘発筋音図は,筋線維あるいは運動単位のタイプによって単収縮波形の振幅や収縮時間,弛緩時間などが異なる.また,電気刺激の刺激周波数を増加させると動員される運動単位が増え,筋張力の場合と同様に,筋音図においても筋音波形の融合,強縮状態をモニターすることが可能である.さらに,筋音の発生機序としての側方拡大説に基づく力学モデルを紹介する.誘発筋音図の臨床応用としては,呼吸の評価,筋弛緩のモニター,下肢のむくみ評価,賦活後増強を用いた筋線維組成分析などを解説する.

Journal

  • Journal of the Society of Biomechanisms

    Journal of the Society of Biomechanisms 37(1), 26-31, 2013-02-01

    Society of Biomechanisms

References:  20

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10031139142
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00334047
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    02850885
  • NDL Article ID
    024277503
  • NDL Call No.
    Z14-853
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top