フェヌグリークは正常ラットの脂肪蓄積抑制に関与する Fenugreek Attenuates Lipid Accumulation in Normal Rats

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

香辛料の一種であるフェヌグリーク (<I>Trigonella foenum-graecum</I> <I>L</I>.) の生活習慣病予防効果を検討した。標準食 (STD) および高脂肪・高ショ糖食 (HFS) の2種類の実験食を作成し, それぞれの実験食にフェヌグリーク添加群を加えて計4群とし, 正常なSD系ラットに摂食させた。HFSではフェヌグリーク添加によって, 体重増加量, エネルギー効率比および精巣周囲白色脂肪組織重量は減少した。また, 肝臓中の総コレステロール量も減少し, 糞中への総胆汁酸排泄量が増加した。しかしながら, 耐糖能に関してはフェヌグリーク添加による大きな影響はみられなかった。以上のことから, フェヌグリークは食餌中脂質の糞中への排泄を促進することによって, 肝臓および白色脂肪組織への脂肪蓄積を抑制し, その結果として体重増加を抑制することが推察された。

We investigated the preventive efficacy of dietary fenugreek (<I>Trigonella foenum-graecum L.</I>) on diet-induced metabolic disorder in normal SD rats. The diets employed were a standard diet (STD) and a high-fat high-sucrose (HFS) diet, both with or without fenugreek. Normal SD rats fed the HFS diet containing fenugreek showed a lower body weight gain, energy efficiency ratio and white adipose tissue weight than normal SD rats fed the STD diets. In the groups fed the fenugreek-containing diets, total cholesterol levels in the liver were lower, whereas excretion of total bile acids into the feces was increased. However, fenugreek had no significant effect on glucose tolerance. These results suggest that fenugreek inhibits body weight gain through an increase of lipid excretion into feces, and prevention of lipid accumulation in the liver and white adipose tissue in normal rats.

収録刊行物

  • 日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiy◆U014D◆ shokury◆U014D◆ gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science

    日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiy◆U014D◆ shokury◆U014D◆ gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science 64(2), 99-106, 2011-04-10

    日本栄養・食糧学会

参考文献:  40件中 1-40件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10031143672
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00311992
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02873516
  • NDL 記事登録ID
    11087620
  • NDL 雑誌分類
    ZS8(科学技術--医学--解剖学・生理学・生化学)
  • NDL 請求記号
    Z19-53
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ