環境省の行政事業レビューへの研究者の対応 : 効果的・効率的外来哺乳類対策の構築に向けて Correspondence of the researchers to the administration business review of the Ministry of the Environment in 2012 : Turn to construction of the effective/efficient measures against invasive mammals

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

政府の府省が進める各種事業の透明化と無駄遣いの防止をねらいとする「行政事業レビュー」において,2012年度に環境省の「特定外来生物防除等推進事業」が「抜本的改善」という厳しい評価を受けた.この事業レビューでは,おもにフイリマングース<i>Herpestes auropunctatus</i>(特定外来生物法ではジャワマングース<i>H. javanicus</i>の和名と学名を使用)やアライグマ<i>Procyon lotor</i>の防除事業が取り上げられた.日本哺乳類学会はこの評価結果について,外来生物対策の基本的考え方や事業の成果についての誤解も含まれているとし,この判定の再考と外来生物対策の一層の推進を求める要望書を提出した.本稿では,環境省行政事業レビューの仕組みと今回の結果について報告し,根絶を目標とするマングース防除事業の考え方と実施状況,また,広域分布外来生物の代表としてアライグマを例に対策のあるべき姿を紹介した.さらに,学会が提出した要望書の作成経過と要点について説明し,最後に,行政事業レビューでの指摘事項に対して,効果的かつ効率的な外来哺乳類対策に関する7つの論点整理を行った.これらの要望書や日本哺乳類学会2012年度大会の自由集会における議論及び本報告によって,われわれの意見を表明し,今後の動向を注視するとともに,今後の外来種対策事業や研究のより一層の充実を期待したい.<br>

収録刊行物

  • 哺乳類科学

    哺乳類科学 52(2), 265-287, 2012-12-30

    日本哺乳類学会

参考文献:  42件中 1-42件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10031148036
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00231656
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    0385437X
  • NDL 記事登録ID
    024204989
  • NDL 請求記号
    Z18-1160
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ