「ウィーン工房」にみるウィーン近代デザイン運動の変遷 : 理念と経営のはざまで The Transition of the "Vienna Workshops" and the Vienna Design Movement : Between Art and Economics of Design

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は、オーストリア近代デザイン史を取り上げ、デザイン会社「ウィーン工房」(1903-1932 年)の設立から1920 年代初頭の活動の特徴を解明し、ウィーン近代デザイン運動の変容をあぶり出すことを目的とする。ウィーン工房は英国アーツ・アンド・クラフツ運動の影響の下に設立され、メンバーは「ドイツ工作連盟」(1907 年-)から派生した「オーストリア工作連盟」(1912-1934 年)工芸部門の中心的存在でもあった。1910 年代、ウィーン工房は深刻な経営難を克服すべく、当初の工芸改革の先鋭的理念を減じ企業的性格を強めた。第一次世界大戦後、オーストリア工作連盟では新国家のデザインの方向性をめぐり激しい対立が生じ、他方、ウィーン工房では戦前の趣味性を継承した芸術性と経済性の両立を試みる、市場を見据えた戦略的デザイン活動が展開された。20 世紀初頭の急速な社会的変化に対応しつつ、ウィーン近代デザイン活動における初期の工芸改革的テーマは、デザイン、芸術、経済活動をめぐる問題へと移行したのだった。

This study focuses on the activities of the "Vienna Workshops" (1903-1932) since its inception in 1903 to the early 1920s, in an attempt to reveal its characteristics and the changing nature of the Vienna modern design movement. The Workshops was a group that was based on the concept of the British Arts & Crafts movement. However, due to financial difficulties, the Workshops' ideas regarding the reform of daily products had weakened during the 1910s. After World War I, critical disputes regarding the new aims of Austrian design arose in the "Österreichischer Werkbund" (Austrian Work Federation, 1912-1934). The Workshops, aiming for both artistic and economic fulfillment, continued producing aesthetic products with a marketing strategy. The main concern of the design movement had changed from a revival of crafts to a conflict between artistic idealism and practical business.

収録刊行物

  • デザイン学研究

    デザイン学研究 59(6), 21-30, 2013-03-31

    日本デザイン学会

参考文献:  63件中 1-63件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10031151844
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00150292
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09108173
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ