ペルテス病後に発生した Femoroacetabular impingement の一例  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

【目的】Femoroacetabular impingement(FAI)は股関節臼蓋前方と大腿頚部の病的な衝突現象であり,関節障害につながり得る関節動態である.高齢発症ペルテス病後に発生したFAIの一例を経験したので報告する.【症例】15歳男児.主訴:左股痛と可動域制限.現病歴:11歳時に左股関節痛が出現し,免荷などの治療を受けた.その後も違和感は続いており,15歳児より疼痛が増強,当科受診となった.約2cmの脚長差が存在し,左股は屈曲95度に制限,impingement test陽性であった.X線側面像ではhead-neck offsetが消失し,頚部前面の骨性隆起と臼蓋前縁とのimpingementが透視下で確認された.前側方進入で骨性隆起の切除と約30度の転子下屈曲骨切りを行い,疼痛の軽減と可動域の改善をみた.

Journal

  • Orthopedics & Traumatology

    Orthopedics & Traumatology 62(1), 119-123, 2013-03-25

    West-Japanese Society of Orthopedics & Traumatology

References:  12

Codes

Page Top