沖縄県で発生している自然毒中毒事例 Food poisoning cases caused by natural toxins in Okinawa prefecture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

沖縄県は,日本列島の南に位置しており亜熱帯気候による自然毒食中毒は,気候や自然環境が反映されており,全国と異なっている.<br> 沖縄県で発生している2001年から2010年までの 10年間の食中毒事例を見ると,自然毒食中毒の年平均は24%であり,更に自然毒食中毒のうち,動物性自然毒食中毒が91%と大半を占めている.<br> 動物性自然毒のほとんどがサンゴ礁に生息する魚介類によるシガテラ食中毒である.シガテラ以外にも,ウリ科植物によるククルビタシン中毒,熱帯性キノコであるオオシロカラカサタケや麻薬成分を含有する幻覚性キノコによる食中毒も発生しており,これらについても事例を紹介する.

  Okinawa prefecture is located south of the Japanese Islands, and causes of natural toxin food poisoning are different from other parts of our country due to its subtropical climate and natural environments. During ten years from 2001 to 2010, 24% of food poisoning incidences occurring in Okinawa were caused by natural toxins, which comprises of animal origins in as much as 91% of the cases. Most of the animal toxins are ciguatera toxins produced by seafood that inhabit the coral reef. In addition to ciguatera, incidences of food poisoning are also attributed to cucurbitacin-containing plants in the family <i>Cucurbitaceae</i>, tropical mushroom <i>Chlorophyllum molybdites</i>, and hallucinogenic mushrooms.

収録刊行物

  • マイコトキシン

    マイコトキシン 63(1), 55-65, 2013-01-31

    マイコトキシン研究会

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10031161946
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00334513
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    02851466
  • NDL 記事登録ID
    027191610
  • NDL 請求記号
    Z19-1179
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ