数理的観点から見た生物システムにおける認識のロバスト性  [in Japanese] Robustness for Recognition in Living Organisms from a Mathematical Viewpoint  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 小川 健一朗 OGAWA Ken-ichiro
    • 東京工業大学大学院 知能システム科学専攻 Department of Computational Intelligence and Systems Science, Interdisciplinary Graduate School of Science and Engineering, Tokyo Institute of Technology
    • 三宅 美博 MIYAKE Yoshihiro
    • 東京工業大学大学院 知能システム科学専攻 Department of Computational Intelligence and Systems Science, Interdisciplinary Graduate School of Science and Engineering, Tokyo Institute of Technology

Abstract

我々は,ショウジョウバエの頭尾軸形成における遺伝子発現の理論的研究を通じて,多細胞生物における細胞の観測行為と観測結果の関係を数理的にモデル化し,個体差に対する遺伝子の発現パターンのロバスト性に対して新たな説明を与えた.この数理モデルは,発生生物学の問題に限らず,広く生物システムにおける主体の行為と知覚,およびそれに基づく認識のロバスト性に関する現象をモデル化する際に数理的観点から示唆を与えるものと考えられる.そこで,本稿では,ショウジョウバエの頭尾軸形成における遺伝子発現におけるロバスト性の問題を例にして,この数理モデルの特徴について解説を行う.

Journal

  • The Brain & Neural Networks

    The Brain & Neural Networks 20(1), 7-13, 2013-03-05

    Japanese Neural Network Society

References:  17

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10031163974
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11658570
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    1340766X
  • Data Source
    CJP  J-STAGE 
Page Top