エベロリムス溶出性冠動脈ステントによる薬剤性間質性肺炎が疑われた1例  [in Japanese] A case of drug-induced interstitial pneumonitis by everolimus-eluting coronary stent  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

68歳男性,糖尿病性ケトアシドーシスで入院,亜急性前壁中隔梗塞を合併していた.第116病日に左前下行枝の慢性完全閉塞病変に対しエベロリムス溶出性冠動脈ステントを留置したところ,術後13日目より発熱,咳などの症状が出現.胸部単純写真,CTでは間質性肺炎所見を呈した.種々の検査所見から心不全,感染症,悪性腫瘍などは否定的で薬剤性間質性肺炎と診断した.内服薬はすべて4カ月前に処方されたものを継続していたため,2週間前に新たに植え込んだエベロリムス溶出性ステントの可能性を最も疑った.ステロイドの治療により比較的速やかに改善した.<br>

Journal

  • Nihon Naika Gakkai Zasshi

    Nihon Naika Gakkai Zasshi 101(12), 3522-3524, 2012-12-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

References:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10031164521
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00195836
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL Article ID
    024210515
  • NDL Call No.
    Z19-222
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top