保湿剤の効果に及ぼす入浴と塗布時期の関係 Evaluation of the Relationship between Optimum Application Time for Moisturizers after Bathing and Their Effects on Humans

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アトピー性皮膚炎の治療における保湿剤の塗布時期は,入浴直後の角層中水分量が多い時期が効果的と考えられているが,連用した詳細な報告はない.そこで,保湿剤を連用した際の入浴後塗布時期と保湿効果の関係について検討した.健常成人8名を対象に40°C,20分間入浴の1分後と1時間後にヘパリン類似物質含有製剤,白色ワセリンおよび尿素軟膏を2週間塗布し,角層中水分量を試験前および開始後に測定した.角層中水分量はいずれの保湿剤でも,入浴の1分後と1時間後の間に有意差は認められなかった.これらのことから,保湿剤の塗布時期は入浴直後と1時間後で差がなく,患者が毎日好きな時間に塗布するように指導することでコンプライアンスの向上が期待できることが示唆された.

To evaluate the hydration effect of combination bathing and moisturizing regimens, we applied moisturizers after bathing every day and quantified cutaneous hydration status for 2 weeks in eight healthy volunteers. Hirudoid (Heparinoid)<sup>® </sup>soft, Vaseline, and Pastaron (Urea)<sup>® </sup>soft were applied at 2 mg/cm<sup>2</sup> to their forearms 1 minute and 1 hour after bathing for 2 weeks. We measured the cutaneous hydration before and after the study almost every other day. There were no significant differences between the application of each moisturizer at 1 minute and 1 hour after bathing. These moisturizers provide hydration benefits by continuoususe. In conclusion, to be effective, patients should apply moisturizers every day at any time they prefer.

収録刊行物

  • 日本皮膚科学会雑誌

    日本皮膚科学会雑誌 121(7), 1421-1426, 2011-06-20

    公益社団法人 日本皮膚科学会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10031164973
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196602
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0021499X
  • NDL 記事登録ID
    11122081
  • NDL 雑誌分類
    ZS39(科学技術--医学--皮膚科学・泌尿器科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-202
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ