CAD/CAM技術を応用した全部床義歯製作法  [in Japanese] Fabricating Method for Complete Dentures Applying CAD/CAM Technology  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 金澤 学 KANAZAWA Manabu
    • 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 口腔機能再構築学講座 全部床義歯補綴学分野 Complete Denture Prosthodontics, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Tokyo Medical and Dental University

Abstract

現在の全部床義歯製作法には,臨床・技工操作ともに非常に煩雑で熟練した手技を要する.この問題点を解決するために,われわれはCAD/CAM技術を応用した全部床義歯製作法を考案した.この手法では,改良した旧義歯あるいはパイロットデンチャーをCTによりスキャンし,粘膜面と顎間関係を三次元データとしてPCに取り込む.CADソフトウェア上にて,新しい義歯をデザインした後,顔貌シミュレーションにより新義歯装着時の顔貌の確認を行う.必要があれば,Rapid Prototypingを用いて試適用義歯を作製し,義歯試適を行う.これにより,問題がなければ,マシニングセンタによりアクリルブロックを義歯床形態に切削加工し,人工歯を接着し最終義歯を完成する.

Journal

  • Annals of Japan Prosthodontic Society

    Annals of Japan Prosthodontic Society 5(2), 126-129, 2013-04-10

    Japan Prosthodontic Society

References:  6

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10031171005
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12374568
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    18834426
  • Data Source
    CJP  J-STAGE 
Page Top