山形県で確認されたニホンジカ (Cervus nippon) の出自 : ミトコンドリアDNA多型に基づく推定 Origin of sika deer (Cervus nippon) observed in Yamagata Prefecture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

山形県のニホンジカ地域個体群は20世紀前半に一時絶滅したと考えられているが,2009年以降,県内でニホンジカが再び目撃されるようになった.山形県で散発的に出没するニホンジカの出自を明らかにする目的で,県内の村山市,鶴岡市,小国町で交通事故死したニホンジカ4個体のミトコンドリアDNA調節領域の遺伝子分析を行った.その結果,1個体の遺伝子型(ハプロタイプ)が北上山地の地域個体群でみられる遺伝子型と一致した.一方,他の3個体の遺伝子型は,北関東以西の地域個体群で報告された遺伝子型と系統的に近縁であることがわかった.以上から,山形県のニホンジカは,少なくとも南北2つの地域から,別々に進出している可能性が示された.<br>

The sika deer has been extinct in Yamagata Prefecture since the early 20th century. However, it was witnessed again in 2008 and afterwards. To clarify the origin of the sika deer re-appearance in Yamagata Prefecture, we analyzed the mitochondrial DNA control region haplotype of four road-kill deer that were collected in Murayama, Tsuruoka and Oguni. The haplotype of one individual was similar to a genotype previously found in a local population in the Kitakami mountains. On the other hand, the haplotypes of the other three individuals were closely related to genotypes reported for local populations distributed in the area west of northern Kanto. These results indicate that the sika deer in Yamagata Prefecture originated from at least two localities, Miyagi and Iwate Prefectures and the area south of Yamagata, possibly by long-distance dispersal.<br>

収録刊行物

  • 哺乳類科学

    哺乳類科学 53(1), 131-137, 2013-06-30

    日本哺乳類学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10031185593
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00231656
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0385437X
  • NDL 記事登録ID
    024716253
  • NDL 請求記号
    Z18-1160
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ