PBCの疾患感受性遺伝子による病態の解明  [in Japanese] Analysis of disease-pathway by susceptibility genes in primary biliary cirrhosis  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 中村 稔 NAKAMURA Minoru
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科新興感染症病態制御学系専攻肝臓病学講座 Department of Hepatology, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences

Abstract

近年,ヨーロッパ系集団(欧米人)を対象としたゲノムワイド関連解析(GWAS)により,PBCの疾患感受性遺伝子としてHLA領域の遺伝子多型の他に,IL12/IL12Rシグナル伝達,TLR/TNFα-NFκBシグナル伝達などに関連する計21の遺伝子多型が同定された.本邦においても全国規模のGWAS共同研究が実施され,日本人集団のPBCの新規疾患感受性遺伝子が2カ所(<i>TNFSF15</i>,<i>POU2AF1</i>)同定された.また,欧米人の疾患感受性遺伝子のうち約半数が日本人集団でも疾患感受性遺伝子であることが確認された.欧米人と日本人との間にはPBCの疾患感受性遺伝子に集団差を認めるものの,Tリンパ球のTh1/Th17への分化(<i>TNFSF15</i>,<i>IL12A</i>,<i>IL12RB2</i>,<i>STAT4</i>)や,Bリンパ球の形質細胞への分化(<i>POU2AF1</i>,<i>IKZF3</i>,<i>SPIB</i>)経路が,共通した疾患発症経路であることが示唆された.<br>

Journal

  • Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 110(9), 1602-1610, 2013-09-05

    The Japanese Society of Gastroenterology

References:  34

Codes

Page Top