「地産地消」における原材料調達と地域農業との接点 : 静岡県浜松市NPO法人夢未来くんまを事例として  [in Japanese] Procurement of Raw Materials for Locally Produced Agricultural Products for Local Consumption and its Relationship with Local Agriculture : A Case Study of Hamamatsu City, Shizuoka Prefecture  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

農村の活性化策として近年注目されているのが6次産業化の推進である。実際に,様々な事業(農産加工,直売,農家レストラン等)が立ち上がっている。本論で分析対象とする農村女性起業もその一例で,6次産業の重要な担い手になっている。経済的な面からみた6次産業の第一の目的は,加工事業やサービス事業の起業とその継続的な運営である。地域の資源に付加価値を付与し,加工やサービス部門において雇用を創出することである。第二に,地域内の関連産業,特に第一次産業との有機的な連関を構築し,経済的な波及効果を誘発することである。第三に,波及効果等から発生した所得や利益を地域内の消費や投資として循環させることである。第二と第三の目的はいわゆる「地産地消」,「地域内再投資」である。

Journal

  • 農村生活研究 = Journal of the Rural Life Society of Japan

    農村生活研究 = Journal of the Rural Life Society of Japan 56(2), 25-33, 2013-03-01

    日本農村生活研究会

References:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10031196193
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN0020216X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    05495202
  • NDL Article ID
    027446322
  • NDL Call No.
    Z18-423
  • Data Source
    CJP  NDL  JASI 
Page Top