中山間地域におけるインターネット利用者の地域意識 : インターネット利用タイプ間の比較分析  [in Japanese] A Sense of Region among Internet Users in Hilly and Mountainous Areas : A comparison of Types of Internet Use  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

2001年のe-Japan戦略の策定やIT基本法の制定を皮切りに,我が国ではインターネット(以降ネットと略記)接続環境の整備が急ピッチで進められ,現在では,情報インフラ環境は世界でもトップレベルにあると言われている。長い間条件不利とされてきた中山間地域においても,その多くで有線のブロードバンド回線や携帯電話網によるネット接続が可能になりつつある。さらに近年,パソコンのみならず携帯電話やスマートフォン,タブレットPC等多様な情報機器からネットを利用できるようになっており,中山間地域においてもネット利用率は都市部に引けをとらなくなっている。多くの中山間地域では,地理的な制約を克服できるICT(Information and Communication Technology)によって,ショッピング,ネット販売,コミュニケーション,遠隔教育,情報発信,医療・介護等日常生活の多くの面で恩恵を受ける余地が大きい。一方で,一般的にネット利用が活発になるにつれて,地域に対する関心や帰属意識が薄れていく傾向が懸念されている。特に近年では,FacebookやMIXI等のSNSやTwitter等のソーシャル・メディアが急速に普及し,誰もが居住地域を超えて交流し合える環境が構築されており,地域コミュニティへの参加や地域に対する意識・関心が薄れることも懸念される。このように,中山間地域におけるネット利用には,プラスの効果とマイナスの効果が混在していると考えられる。昨今コミュニティに関して注目されるソーシャル・キャピタル(以降SCと略記)の議論でも,テレビやネットという新たなメディアが地域コミュニティを衰退させているとする論点がある一方で,ネットによるコミュニケーション環境の拡大により,SCは増加しているという論点もある。ネットが一層日常に浸透していく中で,ネット利用と地域意識がどのように関連しているのかを明らかにすることは,今後の地域づくりやネット活用を考える上で意義が大きい。本研究では,京都府下3地域を対象に実施したアンケート調査により,中山間地域におけるネット利用者の地域意識や地域参加状況について,現在のネット利用状況,今後の利用意向に関する利用タイプ間で比較分析を行い,地域意識とネット利用との関連性を明らかにすることを目的とする。

Today, more than 90% of Japan's citizens are Internet users; even rural residents can now access it with the same ease as city dwellers. As a result of rising number of users, more rural residents are becoming incr easingly affected by the Internet. On one hand, the Internet presents them with an enhanced opportunities for daily communication; on the other hand, concurrently, there are disadvantages: we assume, for example, that Internet users in rural areas lose interest in their own regional communities as they spend more time on the Internet. In this study, we focus on the "sense of region" among Internet users who live in hilly and mountainous areas. As a result of our analysis, we found that Internet users—especially users of social networking sites, including Twitter—tend to have a lower interest in their own regions, as compared to those who do not use the Internet for such purposes. Following this result, it is important to determine the ways of Internet usage that will deliver positive effects to these regions, before the negative influence can proliferate.

Journal

  • Journal of Rural Problems

    Journal of Rural Problems 49(2), 316-322, 2013-09-25

    The Association for Regional Agricultural and Forestry Economics

References:  6

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10031200408
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00202829
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    03888525
  • NDL Article ID
    024950758
  • NDL Call No.
    Z18-410
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top