エステティックの心理的効果に関する予備的研究(2)  [in Japanese] A Preparatory Experimental Study of Psychological Effect in Estherapy (2)  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

女子短大生を対象として「クレンジング→フェーシャルマッサージ→パック」という総合的エステティック施術の心理的効果を主観的指標と生理学的指標を用いて検討した。特に本研究ではエステティック施術中の被験者に対して主観的指標への回答を求め,施術中の心理状態の把握を試みた。エステティック施術前後の主観的指標と生理学的指標の変化より心身両面にわたるリラクセーション効果が生じたと考えられた。またエステティック施術中の主観的指標の変化よりマッサージ後の全般的な心理的リラクセーションが示唆された。しかしパック後については「爽快感」の変化にのみ効果がみられた。

Journal

  • Yamano aesthetic archives

    Yamano aesthetic archives 10, 53-58, 2002

    Yamano College of Aesthetics

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110000033906
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11229891
  • Text Lang
    JPN
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    09196323
  • NDL Article ID
    6320961
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要) // ZE17(社会・労働--家事・家政--一般誌)
  • NDL Call No.
    Z22-B160
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top