復興住宅における高齢住民の健康と生活 : 4回目の追跡調査より Investigation about elder people's Health and daily Life in Public Housing for Disaster-hit Regions : Follow up study period 5-years after Hanshin-Awaji Earthquake.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

阪神・淡路大震災から4年にわたり継続して協力が得られた39名の対象について,復興住宅において追跡調査を実施した。その結果,新たに健康上の問題が増加している傾向はみられなかったが,仮設住宅の時期からかかえている慢性病や,復興住宅という物理的・人的環境要因から新たに生活上のストレスが生じていることが示唆された。今回の調査では39名中7名(18%)に抑鬱傾向がみられ,今後も継続して調査を行ないながら,復興住宅における看護支援の課題を明らかにする必要がある。

収録刊行物

  • 紀要

    紀要 20, 97-102, 2001-03-27

    神戸市看護大学短期大学部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000035660
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11322139
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13428209
  • NDL 記事登録ID
    5738719
  • NDL 雑誌分類
    ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z19-1313
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ