東北地方北部における地すべり地形と後期中新世-更新世のカルデラ  [in Japanese] Relation between landslides and Late Miocene to Pleistocene calderas in northern Tohoku, Japan  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

東北地方北部の脊梁地帯に分布している後期中新世〜更新世のカルデラの堆積物と地すべり地形との関係を最近の地すべり地形判読と最近の火山体や地熱研究に関連した研究成果,および,これまでの現地調査との資料に基づいて考察した。地すべり地形の発生ともっとも関係の深い堆積物はカルデラ堆積物上位を構成する湖成堆積層である。地すべり地形のタイプは湖成堆積層の性質と湖成堆積層の上位に載る後カルデラ火山岩類の性質によってきまると考えている。

Journal

  • Annual report

    Annual report (1), 112-127, 2000

    Fukada Geological Institute

Cited by:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110000040190
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11607660
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • NDL Article ID
    5648424
  • NDL Source Classification
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL Call No.
    Z74-C53
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top