<研究報告>歴史地震の研究(1) : 天正13年11月29日(1586年1月18日)の地震の震害,震度分布および津波について Investigation of Histovical Earthquakes (1) : Earthquake Damage, Distribution of Seismic Intensity, and Tsunami of the Tensho Earthquake of 18 January 1586.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

天正13年11月29日の地震の古資料の収集を行い,それらを調べ直して解析し,震害の全貌を明らかにし震度分布を求めた。また震源の位置,地震の規模を定めた。震源地は伊勢湾内であること,地震のマグニチュードは8クラスであることを示した。なおこの地震の津波の規模および被害について新に見解を述べた。

収録刊行物

  • 愛知工業大学研究報告. B, 専門関係論文集

    愛知工業大学研究報告. B, 専門関係論文集 13, 161-167, 1978-03-31

    愛知工業大学

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000043308
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00007801
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03870812
  • NDL 記事登録ID
    2033193
  • NDL 刊行物分類
    ME15;M035;M011
  • NDL 雑誌分類
    ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL 請求記号
    Z14-355
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ